【テント】初めてのテントを失敗しない為に!知っておくべきテントの細かな機能を大紹介!

おすすめの広告

 

satuki
どうも!道産子キャンパー、satuki( さつき)です

 

このブログでは、初心者キャンパーに向けた【キャンプの知識】や【キャンプ用品】をご紹介しています

 

テントって言っても安いものと高いものがあるし、機能によって値段が変わるって言うけどどんな機能があるの?
悩み人

 

こんな疑問にお答えします

本記事の内容

テントの各機能を紹介
それぞれの機能を解説
ポールの付け方で分かれる設営方法

 

本記事の信頼性

一般人の介護職員である私ですが知識と体験をたくわえて、アウトドア店の店員さんへ不定期でキャンプについて教える役割を担っています

 

今回はテント選びに失敗しない為に知っておくべき機能設営方法の種類に焦点を当ててご紹介していきましょう

 

これを知れば、テント選びの時に数ある選択肢もグッと絞られること間違いなし!

 

satuki
以前紹介した記事と合わせて読めばテント選びが更に簡単になりますよ

 

では早速、参りましょう !

 

知らなきゃ損するテントの機能

テントにはキャンプ生活を快適に過ごすための様々な機能があります

 

「この機能があればこんな恩恵がある!」というのをテント選びの段階で知っておきましょう

 

これから紹介する機能はテントによって、付属されているものとそうでないものがあります。もちろんテントの持つ機能が多ければ多いほど値段が高くなるので、どの機能を重視したいのかを考えてテントを購入しましょう

 

【前室】

まず初めに紹介するのは【前室】。テントの入り口にあるちょっとしたスペースの事を指します

 

この前室は主に荷物を置いたり、日よけ・雨よけ・リビングなどタープのような役割です

 

スペースとしては小さいので、1〜2人であればここで食事も出来るのでタープなしで過ごすことも出来ます

 

この前室があるかないかで、快適性がかなり変わってくるので私は前室があるテントがおすすめです

 

【ストームガード】

とても重要なので必ず覚えて欲しいのが【ストームガード】。現状付いていないテントはない程、かなり重要な機能です

 

赤丸で囲った部分がストームガードで、張り網という紐をここに縛り付けて風で飛ばされないようにテントの強度を上げる必要があります

 

張り網を着けずにテントを建てると、強風が吹いた時に飛ばされてしまう事がよくあって非常に危険です!

 

satuki
他の人のテントに当たったら弁償ですからね!

 

ストームガードに張り網をしっかり取り付ける事で、初めて安心安全にキャンプを楽しむ事が出来るので必ず取り付けましょう

 

このストームガードに張り網をつけることはキャンプをする上でのマナーです。付けてない場合、隣のキャンパーに注意されることもありますよ!

 

【ベンチレーション】

【ベンチレーション】とは赤丸で囲った小さな窓のようなもので、家に例えると換気扇の役割を果たす重要な機能です

 

中の空気を循環させて、効率よく換気を行う事でテント内を快適な温度で保つことが出来ます

 

これがあるだけで暑くて寝苦しい夜ともおさらばです!

 

【スカート】

出典:MSR

【スカート】とはテントの一番下に取り付けられた、上画像の手でつままれているヒラヒラした部分のことです

 

satuki
「布一枚だろ」と侮ってはいけません

 

実は、このスカートが地面と密着することで外から入る冷気を遮断する事が出来ます

 

秋口になると冷える早朝でもテント内の気温が下がりにくく快適に過ごせて虫の侵入を防げるという必ずあってほしい機能です

 

私がスカートの付いていないテントを使用していた時、5.6月と9月頃からは若干寒かった記憶がありますが、スカート付きテントを使用してからそんな思いをする事もなくなりました

 

テントのフライシートがあるのとないのとではこんなに違う!

 

テントにはフライシートを使用しないタイプと、使用するタイプがあります

 

それぞれ良さがあるので、どう違うのかを比べてみましょう!

 

【そもそもフライシートとは?】

フライシートとは、テントを建てた後に上に被せる布地で、通気をしてテント内の温度を調節したり、雨風を凌ぐのが主な役割になります

 

上の画像では白い生地の部分がテント本体で、茶色の生地がフライシートです。これを取りつけることで先ほど紹介した「前室」を作ることもできます

 

このフライシートを使うテントと、つかないテントにはどんな差があるのかを見ていきましょう

 

【シングルウォールテント】

フライを被せず、ポールがむき出しになっているテントを【シングルウォールテント】と言います

 

コンパクトかつ軽量で携帯しやすく、設営も簡単なのがメリットです

 

フライがないため前室ありませんが、手早く軽量に済むのでバイカーなどに人気があります

 

【ダブルウォールテント】

テントとフライシートの二枚壁になっているのが、【ダブルウォールテント】です

 

フライを使用する事で結露しにくくなり、撤収時に乾かす時間が短縮できます

 

※乾燥させないとカビや生地の劣化で寿命短縮に繋がります

 

フライがあるので前室ができるという事と、雨雪時も安心して過ごす事ができるのは大きな特徴です

 

2種類のポール取り付け方法

出典:snowpeak

ポールはテントを支える重要な柱の役割を果たします

 

そんなポールにも取り付け方法が2種類あるので、どんな方法があるのか紹介していきましょう

 

【スリープ式】

出典: Amazon

上の画像のようにポールをスリーブに通して設営する種類を【スリーブ式】と言います

 

ポール全てがスリーブに接触するのでテントの重さが均等になり、ポールが折れにくい構造になっているのが特徴です

 

【吊り下げ式】

このようにポールをスリーブに通さず、フックをかけて吊るす種類が【吊り下げ式】です

 

ポールの上にフックを引っ掛けるだけの簡単設計で、最近はこのタイプがかなり多くなったように感じます

 

satuki
実際、初めて吊り下げ式の設営を見た時はあまりの簡単さに圧巻でした…

 

「設営時間を時短したい」!という方は吊り下げ式がおすすめです

 

この記事のまとめ

 

テント選びを失敗しない為のポイントをまとめてみました

 

最初のテントですし、慎重になる人もいれば勢いで買ってしまう人もいると思います

 

失敗しない為に、【こんな機能がある!】ということを知ってればテントを見る目がかなり変わりますよ

 

キャンプデビューをする時のファーストテント選びに役立ててれば嬉しいです

 

satuki
以上、satuki(Satuki)でした

 

それでは皆さん、楽しいキャンプライフを

 

にほんブログ村に参加しているので、よければ見て言って下さると嬉しいです
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

おすすめの記事

-キャンプのすゝめ, 種類や機能解説, キャンプ用品
-, ,

Copyright © 初心者キャンパーのすゝめ , All Rights Reserved.