【寝袋】快適な睡眠を!知られざるシュラフの種類と大切さ!

おすすめの広告

どうも!道産子キャンパー、satuki( さつき)です

 

このブログでは、初心者キャンパーに向けたキャンプの知識やキャンプ用品をご紹介しています

 

さて、今回はキャンプだけでなく登山や災害時でも使われる【寝袋】またの名を【シュラフ】の必要性や種類・そして夏場でも寝袋は必要なのかをお話していきます

 

では早速参りましょう!

寝袋を使うワケとは?

f:id:amzsatuki:20191026023548j:image

そもそも寝袋はなぜ使うのか、これは言わずともわかるかと思います

 

その理由は主に2つです

寝袋を使う理由

快適な睡眠を取るため
体を外部の冷気から守り、温めるため

satuki
satuki

「こんなことわざわざ説明しなくてもわかるわ!」そんな言葉が聞こえそうですね…(笑

 

では、この2つの効果がいかに大切なのかを1つずつお話ししましょう

快適な睡眠を取るため

キャンプは生地一枚のテントの中で一夜を過ごすのが一般的です

 

家とは違い、決して厚いとは言えない生地一枚ですから、虫や動物の声・隣人キャンパーの物音や風音がかなり気になります

 

そんな中で寝袋を使わずに寝ようとすると、ぐっすりと眠る事が出来ず物音で目が覚めてしまう事なんて実はある話…

 

次の日も楽しいキャンプなのに寝不足で気分が優れない…そんな事は出来れば避けたいですよね?

 

寝袋は寝つきを良くして、快適な睡眠を取るためにとっても重要なアイテムなんです

体を温めて、外の冷気から守るため

また、いくらテントがあると言っても野外であることには変わりありません。もちろん夜になると気温グッと下がります

 

冬であればなおさら、寝袋を使わないと最悪凍死してしまう場合だって可能性としては十分です

 

テント内でストーブを焚くにしても、十分な設備がないと一酸化炭素中毒になる危険性もあります

 

satuki
satuki

テントによってストーブが使えるものと、使えないものがあるので要注意!

 

つまり、暖を取る1つの手段として寝袋は大きな役割があるんです

 

では、夏なら暖を取る必要はないから寝袋は要らないんじゃない?と思う方もいるかと思います

 

そこで次は、寝袋を夏でも使う必要があるのかについて話していきましょう

寝袋は夏場でも必要?

f:id:amzsatuki:20191026023644j:image

satukiの住む北海道では、夏の夜でも肌寒い時が稀にあります。ですが、日が昇るにつれて暑くなり寝ている間に寝袋から出ているなんてこともしばしば…

 

東京など夜でも暑い地域が多いと思うので、寝袋が寝苦しくて嫌になるでしょう

 

ですが!「布団の様なものがないと眠れない」という方や、「私枕がないと眠れないの…」なんて方もいると思います

 

satuki
satuki

ちなみにsatukiは掛け布団がないと眠れない派(笑

 

あくまでも夏キャンプで寝袋に求める効果は【快適な睡眠】です

 

次の日、最後までキャンプを楽しむ為にも十分な睡眠が取れるように寝袋を使う必要があります

 

たとえ夏であっても寝袋は必ず持っておくべきマストアイテムと言えるでしょう

場所と季節に応じた寝袋を選ぼう!

f:id:amzsatuki:20191026023825j:image

「でも、寝袋を使って暑苦しくて眠れなさそう…夏用の寝袋はないの?」そんな声も聞こえてきます

 

いえいえ、キャンプブランドにぬかりはありません。ちゃんと用意されていますよ!

 夏用寝袋
 3シーズン用寝袋
 冬用寝袋

一般的にこのようなシーズン分けがされて、販売されています

 

夏だけキャンプに行くのを想定しているなら、夏用寝袋で十分事足ります。他のシーズンの寝袋と比較しても一番安価なのが特徴です

 

しかし、「春とまでは言わないけど6月あたりからキャンプをして秋までやりたい」と言う方であれば3シーズン対応の寝袋をおすすめします

 

夏用に比べると生地が厚く、冬用に比べると通気性がいいので春や秋にも体を温めてくれる臨機応変型です

 

夏場には厚めの生地を外して薄手の布団代わりにも出来るので、体感気温が変わりやすいお子様には3シーズン用寝袋がいいですね

 

ゆくゆく春・秋にも行きたいと言う方は始めから3シーズン用を購入しておくと後で買い足す必要もありません

 

「冬場や、標高の高いところへ行く登山でも使いたい」のであれば冬用を購入するべきでしょう

知っておくべき寝袋の種類

寝袋はシーズン毎に分けされていると話しました。しかし、シーズンだけでなく様々な形状の物がある事はご存知でしょうか?

購入する前にどんなタイプがあるかを知っておきましょう

【封筒型寝袋】

f:id:amzsatuki:20191024163515j:plain出典:Amazon

一般的に寝袋と言われてベーシックなのはこの封筒型。長方形フォルムの寝袋で、3シーズン用寝袋は主に封筒型が多いです

 

ファスナーが付いているので暑い時は足を出せたり、全開にすれば掛け布団として使用する事が出来ます

 

同モデルのものを使えば2つの寝袋を繋げて、2人で一緒の寝袋に寝る事だって出来る汎用性の高さが魅力です

 

しかし、体との密着感が少なく他の寝袋と比べると保温性が下がってしまったり、収納時に重くなってしまうのでオートキャンプ場での使用をおすすめします

【マミー型寝袋】

f:id:amzsatuki:20191024163728j:plain
出典:Amazon

キャンプのブームを巻き起こしたと言っても過言ではない【ゆるキャン△】でも登場したのがマミー型寝袋

 

体の形に合うように作られている為、余計な隙間がなく、ぴったりと体にフィットするので非常に保温性が高いのが特徴です

 

その高い保温性から真冬の中でやるキャンプや、標高の高い山での登山などで使われることが多いタイプでもあります

 

封筒型に比べて軽量なものが多く、収納性に優れているのでソロキャンプ・ツーリングなど少ない荷物で移動する人におすすめ

 

しかし、あまりの密着感で始めは寝返りが出来なかったり、身動きが取れないなど窮屈に感じるかもしれませんので要注意です!

【人型寝袋】

f:id:amzsatuki:20191024164020j:plain
出典:Amazon

見た目はウケ狙い全開なユーモア溢れる形状をした人型寝袋

 

面白いデザインをしていますが、手足が出せて身動きが取りやすいので寝袋を着たまま歩いて移動が出来る画期的な寝袋です

 

肌寒くなる夜には寝袋を着て、外で暖まりながら星空を見上げる。そんなオツな時間もこの寝袋なら過ごせちゃいます

 

ただし、手足の密着度が少なく他の寝袋と比べると保温性が劣ってしまうので貼るカイロを中の服に貼ったりと保温の工夫が必要です!

この記事のまとめ

いかがだったでしょうか。「夏だから寝袋は要らないでしょ!」とデビュー時に購入しない人が多い寝袋ですが、逆に「買っておけばよかった…」となる人もとても多いです

 

快適な睡眠を取って、次の日の楽しいキャンプを過ごすためにも必ず手に入れておきましょう!

 

こちらでおすすめの寝袋を紹介しました⬇︎

https://satukiamz.com/camp/sleeping-bag-recommended

 

以上、satuki(Satuki)でした

 

それでは皆さん、楽しいキャンプライフを

 

にほんブログ村に参加しているので、よければ見て言って下さると嬉しいです(笑
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

おすすめの記事

-キャンプのすゝめ, 種類や機能解説, キャンプ用品
-, , , , , ,

Copyright © 初心者キャンパーのすゝめ , All Rights Reserved.